読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MATHGRAM

主に数学とプログラミング、時々趣味について。

python:画像処理tips その2 読み込んだ画像の有無で条件分岐[openCV]

forで順番に画像を読み込んで、画像がなかったら次の画像を読み込みたい時とかに。

openCVのimread関数は、画像を読み込めなかった時、Noneを返します。
よってisを使えばおっけい。

つーか、もっといい方法あるだろうなこれ。
画像の名前がある程度揃ってないと使えないとかカスだしなあ。

※その4でファイル名がバラバラでも回せるループ紹介しています。


まあtypeの種類による条件分岐はいつか使いそうだし、とりあえずメモ。

# -*- coding: utf-8 -*-

import cv2
import numpy as np

if __name__ == '__main__':

img_num = 0

    for img_num in range(10):
        
            # 画像読み込み
            img_src = cv2.imread("img_{}.jpg".format(img_num),1)
            
            # img_srcのtypeで条件分岐
            if img_src is None:
               continue
            else:
               print("you could get img_{}".format(img_num))

p.s. 見れば見るほど使い勝手悪いw 他の方法模索します。